元生命保険外交員に教えてもらった家計に優しい保険の見直し by asa.love33

もちこ
今回はインスタグラムで大好きなあさちゃんのお義母さんのお話がとっても私も参考にさせて貰ってるので色々もっと詳しく聞きたくてお話を伺いました〜^^
あさ
厳しい保険業界を走り抜き円満定年退職した義母から聞いた目から鱗の保険乗り換え術。保険や社会の仕組みについてな〜んにも知らなかった私の実体験をベースにお話しします!

保険の見直しの際に準備したもの

  1. 職場の福利厚生パンフレット
  2. 高額療養費制度・社会保障制度について調べる
  3. 今入っている保険内容一覧
  4. 必要額に合わせた共済、または団体保険

最初の一歩【福利厚生や社会保障制度を調べ尽くす】

 

  1. 医療費の自己負担(月々)の上限
  2. 老後の医療費の上限
  3. 高額療養費制度 について
  4. 遺族年金(厚生・国民の種類や子の年齢や人数で異なる)
  5. 病気休暇の期間(給与が支給される期間)
  6. 休職になってもお金をもらえる期間

 

あさ
保険の見直しをしよう!と思い立ったものの、何からしたらいいのかな?という時期に言われたのがコレ。恥ずかしながら「福利厚生?なにそれおいしいの?」状態でした(笑)

 

もちこ
ここ自分で調べるのが面倒だから端折りがちだけど一番大事なステップだと思う!!
無料で相談に乗ってくれる営業さんで高額医療制度や会社の福利厚生の事まで視野に入れて提案はあまりなく…一般的にはこの額だよという提案が多い。この知識があるだけで、だいぶ保険のコストは抑えられると思う!福利厚生は会社に確認したり国が用意している社会保障制度も調べてみよう!

自分で調べるのが面倒な場合は
\ 有料のFPに相談してみてね! /

 

現在加入中の保険の内容を確認

【死亡保障】 養老保険 (52歳まで保障?!)

  • 死亡特約1,400万円 + 医療特約
  • 満期で100万円受け取れる
  • 52歳以降は保障なし?!※掛け金8,500円

【医療保障】 総合医療保険(定期更新型)

  • 保険料が年齢により上がっていくタイプ…
  • 掛け金約5,000円
  • 当時の契約で45歳まで保障
あさ
当時我が家は私の育休中で一馬力。22万という家計収入から、13,500円を私の保険料に支払っていました。イタかったよー;;

死亡保障を確認して気付いた問題点

☆貯蓄部分の100万円

→52歳まで生きていればもらえる。
→52歳までに亡くなってももらえる。

☆特約部分の死亡保障1400万円

→52歳までに亡くなればもらえる。

もちこ
え?!52歳以降に亡くなったら、家族に残るお金、ゼロ円!笑。
あさ
どうすんだって感じですよね笑!保険の内容ってそれまでよく見たことがなくて、全く気づかなかったんですが、これは貯蓄と保障がセットになった保険でした。まずはこちらの問題を元保険屋お義母さんと解決していくことになったんです( ◠‿◠ )

団体保険、共済でうまく安心を買う!

あさ
元生保バリキャリお義母さんのイチオシ見直し方法は…団体保険、共済でうまく安心を買う!という予想もしていなかった方法でした。保険を削りたいけど保障内容や金額を考えるとなかなか良い保険がない、という働き盛りの女性の皆様に勧めたいこの方法。働き盛りで貯めたい時期こそ、団体保険や共済で、安心を安く買って欲しいです^^

働き盛りの間、家族の為に必要な額

①団体生命保険=職場の共済→月額保険料833円

死亡時     1000万円
高度障害  1000万円
交通災害  1500万円
障害    400万円

 

もちこ
我が家も死亡保障は会社の団体保険でかけてる!有料のFPさんや今勤めている会社におすすめしてもらったよ!^^葬式代+αの保障の部分に関しては我が家は自分で貯金や資産運用で賄うつもり^^

 

葬式代+α必要な額

②終身保険で用意→月額保険料6500円

死亡時     500万円
高度障害  500万円

死亡保障額はあさちゃんは保障額1500万円で出しているけれど子供の数、毎月の生活費、住宅の種類、共働きなのか等、厚生年金なのか、国民年金なのかによって遺族年金もご家庭によって様々なので、不安な方で自分で計算するのが面倒な方は有料FPさんに相談してみるのもおすすめです。
もちこ
一概に、この人がこうしてるから!とまるまる鵜呑みにしないよう気をつけて下さいね!

 

自分で調べるのが面倒な場合は
\ 有料のFPに相談してみてね! /

福利厚生で補えないものを共済保険で補う

医療費や入院中の給与は
福利厚生や高額療養費で
なんとかなっても

家族への「ママ不在」による
ダメージと出費は避けられなません。

 

  • 差額ベッド代
  • 先進医療
  • 母不在による食費
  • 誰かにお世話になるであろうお礼

 

あさ
赤字の家計を見直し中だった当時、それらを補えるほどの貯蓄が我が家にはなかったので安く入れる職場の医療共済で安心を安く買うことにしました^^

家計と一緒で、持っているもの
(=福利厚生)で補えるなら
そちらに先に頼る。

 

それでも足りない不安な部分を
最低限の保険
団体保険や共済)で補う。

高額療養費制度や福利厚生について調べたおかげで
\ いらない保険はすんなり削れた! /

あさ
「保険で貧乏になるな!」というのが、義母の教えです。(元生保社員の本音かと)

 

ちなみにお義母さんには「貯金が貯まるまでは、安い最新の掛け捨て共済に入って、良い商品が出たら乗り換えてね」「見直しの際は、【総合医療ですか?】とちゃんと聞く、書面でも確認!」という2点を強く言われました。

 

医療保険に共済や団体保険の掛け捨て定期を選ぶメリット

  • 最新のものに乗り換えやすい
  • 貯蓄が貯まれば解約できる
もちこ
家計はライフステージで変化しますし医療も日々発展していくので、非常に柔軟な商品ですよね^^
あさ
我が家は「今と将来の家族の幸せ」を考えて保険を見直せたので、共済や団体保険を取り入れは、良い見直しだったと感じています。

あさちゃんのインスタグラムはこちら

 

この投稿をInstagramで見る

 

あさの家計簿〜自分を知り、夫婦で幸せになる家計管理〜さん(@asa.love33)がシェアした投稿

もちこ
あさちゃんの赤字家計から黒字家計にV字復活!な家計管理を公開しているよ^^お気に入りもちの考え方もすっごく素敵だからぜひインスタグラムも覗いてみて下さいね!!
もも
とっても参考になるお金の貯め上手なお義母さんの教えシリーズ!「お金をきちんと貯めてる人はどうにかなるなんて思ってない。きちんと計画して貯めてる」って言葉がすごく響いたな〜^^

 

 

あさ
私自身は生保社員でもFPでもありませんので、主婦の保険見直し一例として、参考にしていただけましたら幸いです。なお、解約した保険については、保険会社様にご迷惑をおかけしたくないので、お答えしかねます。
\可愛い家計簿ダウンロード..♡/